プロテインの種類と特徴

タンパク質であるプロテインは、原料によって複数の種類が存在します。大豆が原料のプロテインはソイプロテインですが、牛乳が原料のプロテインはホエイプロテイン・カゼインプロテインといいます。種類が異なれば、特徴も異なります。このサイトでは、ソイプロテインの特徴をまとめていますが、種類別の特徴の違いを知っていただけるよう、このページではまずソイプロテイン以外のプロテインの特徴を解説させていただきます。

まず、ホエイプロテインですが、筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、ダメージを負った筋肉を修復する力に優れています。ホエイプロテインは吸収速度にも優れており、運動直後に摂ることが推奨されています。また、速やかに吸収されるということで、胃腸の不快症状が起こりにくいという強みがあります。ただし、ほかの種類のプロテインと比較して、値段が割高であるのが難点です。

次にカゼインプロテインですが、ホエイプロテインが水溶性で、素早く体に取り込まれるのに対し、カゼインプロテインは不溶性であり、凝固しやすく体に取り込まれるスピードが遅いのが特徴です。精神を落ち着けるグルタミンといったアミノ酸が備わっているので、減量中の間食、スポーツをしない日のタンパク質の補給、また就寝時などにおすすめです。体に取り込まれる速度が遅く、摂取したあと空腹感をおぼえるようになるまで長くかかるため、ダイエット中の人にも適しているでしょう。