美容に関する効果

肥満は高血圧や脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病のリスクを上げるため、見た目の問題だけでなく健康にも深い関係がある問題ですが、ソイプロテインはダイエットをする人の強い味方になってくれるタンパク質です。

ソイプロテインは満腹感が長時間持続してくれるという強みがあるため、間食を防ぐことに貢献してくれます。また、ソイプロテインは高タンパクでありながら脂質は少ないため、一日の食事のうち一食分をソイプロテインだけにすることによって、カロリーの摂取量をコントロールしやすくなります。ソイプロテインだけで足りるの?と思うかもしれませんが、先述した満腹感が長く持続する効果がここでも活きてくるというわけです。

そのほか、イソフラボンが多く含まれたソイプロテインは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしており、女性らしいボディを維持するのにピッタリです。また、歳を重ねたり生活習慣が乱れたりすると、エストロゲンの分泌が悪くなり、これによって肌の弾力を維持するコラーゲンや、肌にうるおいをもたらすヒアルロン酸を産生する能力が落ち、しわやたるみなどの肌トラブルが起こってくるようになります。ソイプロテインのイソフラボンは肌の弾力を維持する効果があるので、そういったお悩みを持つ方にもおすすめです。

健康に関する効果

大豆が原料のソイプロテインには、ホルモンバランスを整えてくれる効果を期待することができるので、ソイプロテインを摂ることは、男女を問わず健康維持のために役立ちます。

男性の場合には男性生殖器のひとつである前立腺が大きくなり、尿道や膀胱を圧迫して排尿障害を起こす前立腺肥大症や、前立腺の悪性腫瘍を予防する効果や、過度な男性ホルモンの作用を抑制することにより、髪が抜けてしまうのを予防する効果が望めます。女性の場合にはホットフラッシュなどの症状が出る更年期障害や、骨がもろくスカスカになる骨粗しょう症、乳がんのリスクを下げて、未然に防ぐ効果を期待することが可能です。男女共通の効果としては、免疫力のアップや、神経伝達機能の改善にもソイプロテインは役立ってくれます。また、ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすいので、ダイエットをしている方にも適しています。

健康のためにソイプロテインを摂る場合には、女性は気をつけなければいけないことがあります。お腹のなかに赤ちゃんがいる状態でイソフラボンを多量に摂取し続けていると、かえってホルモンバランスの乱れを招いてしまうリスクがあるとされています。ソイプロテインをこのようなタイミングで摂取しようという場合には、医師に相談してみたほうが良いでしょう。

プロテインの種類と特徴

タンパク質であるプロテインは、原料によって複数の種類が存在します。大豆が原料のプロテインはソイプロテインですが、牛乳が原料のプロテインはホエイプロテイン・カゼインプロテインといいます。種類が異なれば、特徴も異なります。このサイトでは、ソイプロテインの特徴をまとめていますが、種類別の特徴の違いを知っていただけるよう、このページではまずソイプロテイン以外のプロテインの特徴を解説させていただきます。

まず、ホエイプロテインですが、筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、ダメージを負った筋肉を修復する力に優れています。ホエイプロテインは吸収速度にも優れており、運動直後に摂ることが推奨されています。また、速やかに吸収されるということで、胃腸の不快症状が起こりにくいという強みがあります。ただし、ほかの種類のプロテインと比較して、値段が割高であるのが難点です。

次にカゼインプロテインですが、ホエイプロテインが水溶性で、素早く体に取り込まれるのに対し、カゼインプロテインは不溶性であり、凝固しやすく体に取り込まれるスピードが遅いのが特徴です。精神を落ち着けるグルタミンといったアミノ酸が備わっているので、減量中の間食、スポーツをしない日のタンパク質の補給、また就寝時などにおすすめです。体に取り込まれる速度が遅く、摂取したあと空腹感をおぼえるようになるまで長くかかるため、ダイエット中の人にも適しているでしょう。